CONTENTS
ドライアイになってもコンタクトは手放せない!

コンタクトにドライアイってつきものですね。

中学生くらいのときから、視力が悪くなり、いきなりの眼鏡の生活っていうのが始まりました。でも目が悪くなっても、あんまりよくする気持もなくって、どんどん近眼になっていってしまったんですよね。で、大学に入るころには、コンタクトも使うようになったんですよね。まだ当時は、ハードが主流だったので、ハードのコンタクトレンズを使っていました。でも、いまもずっとハードなんですよね。最初っていうのはあんまりドライアイっていうのを感じたことはなかったんですが、社会人になって、ぱそこんを使うようになって、その意味っていうのがよくわかるようになりました。本当に、じっとパソコンの画面をみてると瞬きっていうのをするのを忘れることっていうのがあります。

そうなってくると、もうドライアイですね。乾燥してくるので、たまに瞬きっていうのをしただけで、コンタクトがどっかにとんで行ったっていうのもあります。目の充血っていうのもすごいです。やっぱり、適度の、瞬きっていうのをして、目の涙の流れっていうのを確保してあげないといけないっていうのがわかります。でも、仕事とかをしてると、そういうのって忘れるんですよね。なんで、目薬っていうのは、かかさず持ってるほうがいいですね。ちょっと目にさすだけで、大分らくになるので、これは重宝しますね。コンタクトをしたまま点眼っていうのができるのが一番いいですが、そういうのって少ないなって思ってしまいます。もっと種類を出してほしいです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ドライアイになってもコンタクトは手放せない!.All rights reserved.