CONTENTS
ドライアイになってもコンタクトは手放せない!

コンタクトの乾燥に悩み続け、いずれドライアイになるのでは…。

この季節、仕事中や外出の時に一番辛いことは寒いとか肌が乾燥するということよりも「目が乾く」ということです。コンタクトレンズをしていない方にはなかなか分かってもらえないことなのですが、エアコンの効いた部屋にいるとだんだんと目が乾く感じがして、目にレンズが張り付き、チクリとした痛みがあったりして、目を開けることさえできなくなってしまいます。冷たい風が吹いている時に外を歩いていても、その風のせいでレンズが乾き、目に張り付いて前が見えなくなったりもします。コンタクトレンズを買う時に、眼科の方から「乾きにくいですよ」と言われたものを選ぶようにしているのですが、やはり裸眼のようにはいかないようです。以前、特にうるおうタイプのコンタクトレンズをすすめられて購入したことがあるのですが、なぜなのか私がそれまでに使ってきたレンズの中で一番ひどく乾いてしまいドライアイなのでは、と診察を受けたのですが、その症状ではないと言われました。

コンタクトレンズを使っている他の人たちがどの程度の乾燥に悩まされているのかは、あまり聞いたりしたことはないですが、少し前に車を買い換えたところ、新しい車のエアコンで運転中まで目がしょぼしょぼと乾燥してしまうのです。おそらく、以前の車のエアコンの吹き出し口の角度はもう少し自在に方向を変えられたのに、今の来るまでは前後方向にしか角度が変えられず、直接顔の周辺にエアコンが当たってしまうのです。仕事中、店の中、外の風、車のエアコン、とどこへ行っても目の乾燥で、いつか本当にドライアイになってしまうのではと不安になります。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ドライアイになってもコンタクトは手放せない!.All rights reserved.