CONTENTS
ドライアイになってもコンタクトは手放せない!

コンタクトの悩みどころはドライアイ

私は近視で現在はメガネを普段使いにしています。以前はコンタクトを毎日終日使うという風にしていたのですがやはり色々とトラブルを感じる事が多かったのです。その中の1つの症状としてドライアイがありました。コンタクトを購入する際に検査や診察を受けなければならないのですがその時に涙の量が少ない、いわゆるドライアイと診察を受けました。コンタクトの装着時間を短めにする、ドライアイ用の目薬などを使用するようにして対処してきましたが常に目の渇きに悩まされ続けたような気がします。常時服のポケットには目薬を入れているような状態でした。そして転職しパソコンを使っての業務を一日中するようになってからは今まで以上にやはり目に負担がかかるようになってきたのだと思います。目の疲労感は抜けず乾燥も今まで以上にひどくなったのでした。

これをきっかけに私は目への負担がコンタクトよりは少ないメガネを日常的に使うようにしました。時々は乾き目も気になり目薬を差すこともありますが以前とは比べ物にならないくらい目薬を差す回数は減りました。かゆみや充血などに悩まされる機会もへり眼にとってはやはりメガネの方がいいようです。毎日の洗浄、保存液などのケアもなく手軽で便利なのでその点も面倒くさがりな私にとっては良い点なのですが、やはり時々は気分転換したくなりたまになのですがコンタクトを使用しています。以前は2週間タイプのものを使用していましたが最近は1日タイプの使い捨てを使用しています。メガネとコンタクト、今後も目の具合を考えながら使い分けていきたいと思っています。

お役立ち情報

Copyright (C)2017ドライアイになってもコンタクトは手放せない!.All rights reserved.